その28の感想感慨

御感想をありがとうございました。いただいた御感想を掲載します。


2005年3月30日

[とてもよい] 是非続きをお願いします。

2004年6月27日

[とてもよい] カンドーしました! 

さーな

2004年4月10日

[まあまあ]  関係者を増やして変化を付けられないか。女性スタッフによる性器肛門に対する電極取り付け引き剥がしなど。

2004年2月4日

[とてもよい] さいこうでした
FLASHアニメも作ってください。

とおる

2004年1月22日

[良い] 続きを読みたいです。

han

2002年5月15日

[良い] 登場人物が最初にくらべて変化がすくない。27話までにくらべて28話は、なんかゆるい。訂正。26話までにくらべて27話が、ゆるい。 

2002/5/16

ご指摘のとおり、27話以降は惰性で書いてしまった感があります。私の場合は制作意欲がある程度まで高まらないと作品の密度が薄くなるようです。

AWAWA

2002年2月6日

[とてもよい] 今までの作品中、最高に面白かった。加虐ジャンルを越えたユニークな作品ですね。特に主人公「なぎさ」には生気を感じる可愛さと思考にリアル感がありました。更新、楽しみにしてます。

如月 明
2002/2/8

どうもありがとうございます。「粟屋大学工学部 人体伝導率研究室」はファンの方が多くて幸せな作品ですね。残念ながら更新は2年ほど止まったままで、いつかは再開して完結させたいと思っていますが、ずいぶん先のことになりそうです。

AWAWA

2001年7月16日

[良い] 人体伝導率研究所、続きをとても楽しみにしていますゆっくりでいいので、ぜひ完結まで続けてください

2001/12/23

ありがとうございます。「粟屋大学工学部 人体伝導率研究室」はファンの方が多いですね。連載を再開するよう努力はしていますので、しばらくお待ちください。

AWAWA

2001年4月29日

[とてもよい] 面白くて一気に28話まで読んでしまいました。続編のアイディアに、と思いました。
シナリオ:1. 150vの時間を長くしてゆく。(〜30秒)
2.井上教授のドイツ研修で、針を刺し、そこに電流を流して、これに耐える訓練が始まる。針を刺す場所は乳首・陰唇等様様。
3.どこかのダイミングで、剃毛する。
4.次第に苦痛一辺倒から快楽も芽生え始め、社会に役立つ研究のために自分を役立ててほしい、という強い欲求も芽生え、自らすすんで研究の為に役立ちたくなる。
5.この「社会貢献研究」をエサに、さらにエスカレ−ト。(電流・時間・針・場所等)のバリエ−ションでいろいろアレンジ。
6.ゴ−ルデンウィ−ク、夏休み、正月をエサに徐々にエスカレ−ト。
7.正月明けは、3月の契約終了をエサに、最後のクライマックスの題材を考える。
こんな感じのスト−リ−があるといいのですが???
以上

2001/10/10

ありがとうございます。一気に28話読破とはすごいです。それとアイデアをありがとうございます。物語では、女主人公に「快楽」が芽生えることはないのですが、それとは関係なく実験の内容はどんどんエスカレートしていく予定です。股間に通電棒を挿入して通電とか、乳房に通電とか、水中で通電とか、恋敵にだまされて通電とか、友人の卒業研究に協力するために通電とかを考えています。先は長いです。「剃毛」はどこかでやってみようと思います。

AWAWA

2000年11月23日

徐々にはまっていくヒロインのポイントが高いです。先を読むのが楽しみです。更新を心よりお待ちしています。

2000/11/26

ありがとうございます。このような応援をいただくと書かねばと思うのですが、筆が進みません。気長にお待ちいただけると幸いです。

AWAWA

2000年6月21日

とても良いです

2000/6/28

ありがとうございます。残念なことに「人体伝導率研究室」は連載が停滞しています。続きは気長にお待ちください。

AWAWA

2000年3月26日

人体伝導率研究室のつづきも頑張って書いて下さい。楽しみにしています。

2000/3/26

ありがとうございます。物語はまだまだ続きそうです。お楽しみください。

AWAWA

2000年3月11日

最近来てなかったんですが、久しぶりに来てみたら27、28と新刊が読めて大変たのしかったっす。しかし、どんどん、ギャグ色が強くなってきて(^0^)/なんかエッチな小説じゃなくなってきましたね。それはそれで楽しいですが(笑)これからの進展楽しみにしてます。