その15の感想感慨

御感想をありがとうございました。いただいた御感想を掲載します。


2005年3月30日

[とてもよい] 視姦が良い。
同級生がいるのが最高。

2001年4月24日

[とてもよい] 恥ずかしいという感情は必須ですね。

2001/10/10

ありがとうございます。ただ、女主人公は常時裸でいるので、そのうち慣れてしまうかもしれません。

AWAWA

2000年12月24日

羞恥モノが好きなもので、面通しの為、十数人もの人間に裸を見られ、大学の構内を歩く羽目になったヒロインにいたく同情し、股間をカタくしました。今後もいろんな人の目に触れさせてほしいです。研究結果の発表会なんておもしろいかも。

2000/12/24

ありがとうございます。人の目に晒す妄想としては、研究室紹介(研究室で行なっている研究内容を部外の人に見学してもらうという粟屋大学での行事)で全裸通電実験の様子を見学者に見られてしまうという話を考えていたのですが、筆が進んでいません。

AWAWA

1998年10月30日

ども、いつも楽しみにしてるっす! HK666

HK666
1998/11/1

ありがとうございます。「妄想と空想への扉」のHK666さんでしょうか。新作を楽しみにしています。

AWAWA

1998年10月29日

有無を言わさず、いきなり裸で挨拶回りとは、いいですねー。相田教授の実験のためなら、何でもありの姿勢。今後の更なる過激な実験、期待しています。

足立の住人
1998/10/30

ありがとうございます。新入りの女子学生が全裸で挨拶してまわるという妄想は、肉体的苦痛を伴わないのですが、最近の私のお気に入りです。このあとの通電訓練は、脇腹に電極を追加して通電、通電棒を股間に挿入して通電、乳房に測定用の針を刺して通電という展開を考えています。お楽しみください。

AWAWA

夏野なぎさが、オナニーする所が見たいです。

1998/10/30

今のところ、その予定はありません。

AWAWA

彼女は強いですね(笑)頑張ってもらいたいものです

1998/10/30

御感想をありがとうございます。女主人公はのんきな性格が幸いして、自分がおかれた境遇を深刻に受け止めることなく過ごせています。「強い」というよりは「のんき」なのです。この後も、時々落ち込むことはありますが、通電実験を受けながらも割と元気に一年を過ごしていきます。

AWAWA

1998年10月26日

待ちに待った「挨拶回り」楽しませていただきました。

東北電力
1998/10/28

お楽しみいただいて何よりでした。次回は通電訓練が再開される予定です。隣の研究室から院生達が野次馬に来て、女主人公は電気を流されて苦しむ様子を見物されからかわれます。また通電訓練では、股間に通電棒を挿入されて電気を流される訓練が近いうちに実施されます。お楽しみください。

AWAWA